oregano note

シンプルで合理的な生活

スターバックスのTEAVANA「アイスゆずシトラス&ティー」に頼り切り

以前ほどではないが、今でもなんだかんだとスターバックスを利用することは少なくない。 仕事の打ち合わせであったり、ショッピング中の休憩であったりと、やはり便利に使えるカフェだ。

ただスタバはコーヒーのチェーン店ではあるが、ミルクと砂糖の店というイメージが強い。 甘くこってりしているため、他人が飲んでいる(食べている?)のを見ているのは愉しいのだが、さすがに自分で頼もうとはなかなかおもわない。

本当のところ食べられないわけではないのだが、ここで摂取するカロリーは別に回したいという意地汚い欲望もあるのだ。

年をとると消費するカロリーが減るわけで、その分、カロリーの多いものを摂取するときは、優先順位を決めなければならず、スタバの飲み物はヒエラルキーがかなり低くなってしまう。

ならばコーヒーを頼めばいいのだが、最近はコーヒーを控えていることもあり、美味しい店以外ではあまり飲みたくないというのもある。

(先程からスタバにかなり失礼なことを言っているのだが、あくまでも個人的な好みとして許してほしい)

そんな最近の救世主が、アイスゆずシトラス&ティーである。

スターバックス ティーヴァナ ゆずシトラス&ティー

ゆずジュースのお茶割り、と考えればいいのだろうか。 さっぱりしていて程よく甘みも効いており飲みやすい。

ショッピングモールのなかなど冬でもかなり暑くなっているので、エネルギーと水分補給にも最適。 アイスは爽やかな上、ホットよりもカロリーがかなり低いというのもよい。

TEAVANAシリーズのなかでも一番の出来ではないだろうか。

おかげで去年からずっとこればかり頼んでいるし、これからもしばらくお世話になりそうだ。