oregano note

シンプルで合理的な生活

モスライスバーガーの「よくばり天 海老とかきあげ」を食べに行く

話題になっていたこともあって気になっていたモスバーガーの天丼をイメージしたライスバーガーを食べてきた。

この日は午前中に病院に行く予定があり、それが長引いたため、昼食をとって帰ることにした。
最初は病院のレストランを考えていたのだが、これがあまり美味しくない。
どうしたものかとスマホで近隣の店を調べているときに、モスバーガーがあることを思い出し、久々にそこで朝食をとることにした。

6月の初め、それなりに気温は高いが、それ以上に日差しが強く、日焼け止めを塗っていても、あまり長い時間は外に出ていたくない天気である。
店についたのは12時少し前。
ドライブスルーにはクルマが何台も入ってきていたので混雑を覚悟したが、店内にはほとんど客の姿はなかった。

先にスマホでみて注文は決めておいたが、
「今はこちらのメニューがおすすめです」
と店員に天ぷらライスバーガーをすすめられてしまった。

こちらもそのつもりでいたので、海老とかきあげのよくばり天、普通のモスバーガー、そして飲み物も期間限定のラベンダーレモネードを頼んでみた。
近頃、こってりしたものをつい敬遠してしまうのだが、なんだかこの日はがっつり食べたくなったのだ。

f:id:OREGANO:20180605071310j:plain

肝心の味だが、これが予想以上に美味しかった。
ここのところガッカリすることもあってそれほど期待していなかったのと、同じライスバーガーの海鮮かきあげのイメージがあったのだが、それとは比較にならないよい出来だ。
揚げ具合がよく、衣はカリカリサクサクで、タレとゆずの風味とのバランスもよかった。

ファーストフードで出すには非常識なレベルとまで東洋経済で書いてあったことや、食べてきた人の評判は聞いていたのだが、提灯記事とまではいかなくても表現がオーバーすぎると思っていたが、たしかに同感だ。

f:id:OREGANO:20180605071327j:plain

そんなわけで、かなり高評価なのだが、一方で気になることもある。

衣の味が好みとは少し異なったことだ。
ライスバーガーとしてはいいが、単体では天ぷらの味とは違うと感じた。
おそらくカリッとサクサクした食感を出すために配合を工夫しているのだとおもうのだが、どうなのだろうか。
天ぷらに関してはうまいまずいを書けるだけの知識もないので、むしろ私のイメージのほうがおかしいのかもしれない。

また価格については、高いという評価が多く見かける。
たしかにバーガーの価格としては、内容量と比較しても高めの設定だ。
だが、この価格でも釣り合いは取れているのではないかとおもうし、これ以上安ければ、それこそどこかに負担をしわ寄せしなければならないのではないだろうか。

あと、ライスバーガー自体そうだけど、これはもうハンバーガーというのは無理がありそうだ。