oregano note

シンプルで合理的な生活

コストパフォーマンスのよい上品なキプリスのコードバン長財布

財布の好みというのは人それぞれで、ズボンの尻ポケットに突っ込めるのを好む人から、ラウンドファスナーの財布がいいという人まで、千差万別だ。
TPOにあわせて使い分けでもいいのだが、ビジネスでの使用を中心にした財布をひとつだけ持つとするならば

黒の革でオーソドックスな小銭入れ付き長財布

これが万能ではないだろうか?

フォーマル用としてひとつ持っておいても損はないし、休日はカバンを持たずに出かけるというポリシーでもない限り、プライベートでも使えるだろう。

以前、このブログでも書かれていた、CYPRISキプリスの新コードバン&ベジタブルタンニン 長財布(小銭入れ付き通しマチ束入)というのを、1年ほど使用したのでその感想とレビューを書いてみる。

f:id:OREGANO:20181114080632j:plain

キプリスは以前もボックスカーフ ポトフィールの長財布を使用していたことがあるが、使いやすく長年愛用していた財布である。
レザーアイテムが好きな人にとっては、それほどヒットしないメーカーだが、ほどほどの品質の割に価格が手頃なのがいい。
なにしろ現在人気のあるGANZOなどのブランドは材料となる革の不足もあってか、年々価格が上がっており、気軽に買えるものではなくなってしまった。
革製品は経年劣化の味があるとはいえ、革の財布は消耗品であり、ヘビーに使用すると数年で弱ってきてしまう。
やはりあまり高価な財布は、趣味でもなければ買うことはためらわれる。

 

f:id:OREGANO:20181114080656j:plain

内側のヌメ革が最初は硬いために、小銭入れのファスナーは、最初だけ少し使いづらいが、すぐにやわらかくなるのでだいじょうぶだろう。

ただカード入れの奥に横長に広がっていることもあり、容量の多さが逆に視認性を悪くしてしまっている。
特に最近は現金を使用することが少なくなってきたこともあり、財布にだいたいどのくらい小銭が入っているかを感覚で把握できなくなっていることもあり、この点は、二つ折り財布のホック式の小銭入れのほうが使いやすい。

長財布であるからカードはかなりの枚数が入るのは言うまでもない。
特に最下段は中央に縫い目がなく広くスペースが取ってあり、普段よく使うカードはそこに入れておくと出し入れがすばやくできるだろう。
個人的にはここにメインで使用しているクレジットカードを入れているが、人によっては電子マネー系のカードになるかもしれない。
先に上げたボックスカーフの長財布はこの部分が固く、結局、よく使うカードは札入れの方に入れていたから、かなり使いやすい。


財布全体の収納量はじゅうぶん過ぎるほどだ。
特にカード払いが主体の人ならば困ることはないし、お札も通しマチなので問題ない。
というより、収納箇所がありすぎて、すべてを利用すると財布がパンパンになってしまう。
小銭などの現金はあくまでおまけであり、別に小銭入れを用意したほうがいい。


ひとつ欠点というかこれは仕方のないことなのだが、小銭入れのファスナーの金具で内部に傷がつくのは避けられない。

f:id:OREGANO:20181114080800j:plain

またデザインに面白みがなく、革製品にこだわりのある人にとっては、所有している満足感は薄そうだ。

とはいえ、それは奇をてらわないオーソドックスなデザインであり、ビジネスや冠婚葬祭などのフォーマルなシーンでも問題なく使用できることの裏返しである。

そしてあきらかにボックスカーフの長財布より上品な印象だ。
その分、傷も付きやすく目立つので、持ち歩く際には気をつけたい。

 

コードバン 長財布 キプリス CYPRIS (小銭入れ付き通しマチ束入) 新コードバン&ベジタブルタンニン 本革 財布 コードバン 日本製 ラッピング・送料無料!