oregano note

シンプルで合理的な生活

丁寧に史実をなぞらえたストーリー歴史ギャグ四コマ 重野なおき『信長の忍び』

www.oreganonote.com

先日、村木砦の話を書いたのだが、私が信秀から信長の若かりし頃の時代に興味があると知った知り合いから重野なおき『信長の忍び外伝 尾張統一記』というギャグ4コマ漫画を薦められた。 

信長の忍び外伝 尾張統一記 1 (ジェッツコミックス)

信長の忍び外伝 尾張統一記 1 (ジェッツコミックス)

 

実は本編は読んでいるのだが、スピンオフというか前日譚が出ていることは知らず、早速、Kindle版を購入して読んでみた。

残念ながら、例の村木砦の戦いは終盤にさらりと描かれているだけで、あまり大きく割かれてはいなかったが、前日譚ということで、2巻だけで終わっているので仕方がないところかもしれない。
 
作者の重野なおきさんは四コマ漫画家として、かなりの作品を手がけている。
社会科系の教員免許を所持されているそうで、そのためか最近では歴史系の四コマが中心のようだ。
 
昔は四コマではなく一般のスタイルでも描かれていたそうだが、残念ながら拝読したことはない。
また麻雀を題材にしたマンガもあるがこちらも未読である。
 

ストーリー系歴史ギャグ四コマ

話が前後するが、本編の『信長の忍び』は織田信長に仕える伊賀忍者の少女千鳥を中心にしており、ギャグ要素以外には、オーソドックスで丁寧に史実の動きをなぞった四コマとなっている。
歴史系四コマで時折見られるような、あまり史実とは関係ない頓狂なキャラクターではなく、なにかしらのエピソードをベースにしたキャラが多いところが好みである。
 
最近はショートアニメにもなっており、岐阜城でコラボイベントも行われていた。
 
学研の学習まんがのより上位版として、中高生が、室町末期の織田家を中心とした歴史を知るライトな読み物としてもすぐれているのではないだろうか。
個人的には創作物で歴史の勉強というのはあまり賛成できないし、おもしろさを目的としたマンガに対する評価としては不本意かもしれないが、それでもこの作品は学習用の用途としても推薦したい。
 

森可成を取り上げた先駆けか?

多くのキャラクターが登場する中で、序盤、目立つひとりが森可成だ。
かなり頻繁に登場し、主人公たちと絡むことになる。
 
この手のキャラクターには、織田家の家臣では木下秀吉が配置されることが多く、この作品でもそのふたりのうちのひとりが秀吉となっているが、もうひとりが森可成になる。
 
可成は青年期の信長を支えた美濃衆であり、織田家の重鎮のひとりだった。
近頃の信長を取り扱った創作物では、よく取り上げられるようになったが、信長の忍びは2008年からの連載ということで、年代的に先駆けなのではないだろうか。
(もっとも戦国を舞台にした小説やマンガをそれほど読んでいるわけではないので、それ以前にも森可成をメインにした作品があったかもしれない)
 
武人として名高い人物だが、外交や諜報戦でも活躍した記録がある。
鵜呑みには出来ないが森可成忍者説もあり、そういう意味でも彼を忍者である主人公たちと親しいポジションに配置したのは、作者のセンスと知識ではないだろうか。
 

ギャグストーリーで待ち構えるバッドエンドをどうするか

気になるのは、やはりこの物語の将来だ。
ある程度かじった人ならご存知だろうが、現在進行中の数年後、二度に渡る天正伊賀の乱が勃発することになる。
最初は織田信雄の独断であったが、二度目の侵攻は丹羽長秀、滝川一益など織田家の重臣が指揮しての大掛かりな作戦となり、激戦が繰り広げら、非戦闘員の多くも殺害されている。
 
主人公の千鳥は伊賀の忍であり、重野さんはこれをどう描くのだろうか。
千鳥の行動原理は最終的な信長の行為と相反しているし、すでに織田信雄のキャラクターなどに伏線がはられているようにおもわれる描写もある。
そもそも千鳥の師匠として百地丹波を設定していることからも、おそらく連載開始当初からこの件は考えているのではないかと予想している。
 
史実をベースにしたストーリーギャグ漫画において、バッドエンドが待ち構えていることがわかっているため、いかにそれを回避するか、あるいは真正面から描ききるか、というところで今後もかなり気になる作品だ。