oregano note

シンプルで合理的な生活

表現の難しい銘菓の味。備前屋のあわ雪

愛知県の有名店の銘品を食べることがあまりない。
あまり名前を出すとあれなのだが、名古屋やその周辺の名物の有名店はそれほど美味しくないとおもっている。
お土産や観光客向けのものという印象だ。
 
そんな銘菓のひとつに、あわ雪がある。
どういう菓子かというと、卵の卵白を泡立てたメレンゲを甘くした寒天で固めたものだ。
 
羊羹の類で淡雪羹とも呼ばれる棹物と考えてもらえばいいだろう。
 
このあわ雪、子供の頃に一度食したことはあるが、味の記憶がない。
いや、率直に言えば、マズかったのだ。
 
それこそGoogleで検索すると、
あわ雪 まずい
というひどいサジェストが出てくるので、同じ思いをした人は多いのだろう。
 
実際に口コミを調べてみると、あまり芳しくない評価が多かった。
 
そんな銘菓だが、県外の方にこの話をしたところ、
「あわ雪は意外といけるのではないか。一度食べてみましょう」
と所望された。
 
口に合わなかったらどうしようと渋ったのだが、残ったら責任を持って食べるとのことで、早速買い求めることにした。
 

備前屋のあわ雪純白を味わう

やはりあわ雪といえば、岡崎の備前屋である。
もう一軒、岡崎には旭軒元直の阿わ雪という菓子もあるのだが、手に入れやすさと知名度から備前屋に決めた。
 
あわ雪は地元のスーパーの銘店コーナーならばたいてい扱っている。
そこで、あわ雪 純白と、念のため不評だったときに備えて、パイ饅頭の手風琴のしらべという菓子を購入して事務所で数人で食べることにした。
 

f:id:OREGANO:20170706232943j:plain

 
さて肝心のお味だが、子供の頃の記憶にはもっとおいしくなかったのだが、今ではまあなんとか食べられるものだった。
幸い数人で完食し、手風琴のしらべも食べてしまった。
 
ただやはりとても美味しいという感じはしない。
 
淡泊な味。
そしてふわふわの食感。
その名の通りこの菓子は淡い雪なのだ。
 
その割に甘味も強く、ねっとりとした甘さがある。
羊羹の類ではあることを考えれば当たり前なのだが、羊羹ならば小豆の味わいがあるのだが、あわ雪にはそれがない。
一口たべて最初の味と食感から次に来るであろうと予測される味が来ないところに原因があるのかもしれない。
 
とはいえこの淡白さと食感が特徴の菓子なのだから、これはこれでいいのだろう。
 
ちなみに手風琴のしらべの方はバター風味がおもったよりも強かった。
ただ、こちらももう一味足りないかなという感じだった。 

そのままではなく一工夫して食べたい菓子 

ウン十年ぶりに味わったあわ雪だが、記憶とは異なり悪いものではなかった。
価格も500円に消費税と棹物菓子としては高くはない。
 
だが、美味しいかといえば、言葉をつくしても難しい。
なんともいえないふわりとした食感を味わう和菓子、としては悪くないのではないだろうか。
 
常温で売られているのだが、寒い時期でなければあらかじめ、冷蔵庫で冷やしておく方がいい。
 
できれば抹茶や濃いめのお茶とともにいただきたい。
加賀棒茶のようなほうじ茶も合うかもしれない。
 
単体で食すなら、ベリー系か柑橘系のソースをかけることをおすすめする。
 
と、おもったら、あわ雪茶屋として、ブルーベリーとストロベリーのソースを添えたり、チョコレートのあわ雪茶屋というシリーズが販売されていた。
この方が美味しそうだ。
 
またメインのシリーズにも、純白以外に、抹茶やブランデーを入れたものもある。
 

f:id:OREGANO:20170707073013j:plain

 
あとは賽の目に刻んでヨーグルトに混ぜるなどしてもいいかもしれない。
 
なんといってもそのままのあわ雪では菓子としては古いタイプなこともあってか、お店側も工夫をこらしているようだ。
なので、こうした現代風にアレンジされたものを、そのうち試してみようとおもっている。