oregano note

シンプルで合理的な生活

ビットコインFXなるリスクにリスクを重ねた市場に手を出す前に

先月からネットをさまよっているときに、ビットコインFX関係の広告が出ることが多くなった。
国内の大手取引所でも、ビットコインをはじめとするFXを取り扱うところが増えている。
ビットコイン自体、あれよあれよと言う間についに200万円の価格をつけ、時価総額で日本円に次ぐ金額になっているという。

そんなこともあり、仮想通貨に興味を持ったが、FXはよくわからないという人が、ちょくちょく参戦しているようで、人生をかけたような人がメディアの記事にも取り上げられるようになった。

Makes No Cents

だが、ビットコインのFXは外為のFXなどと比べても、著しくリスクが高い上、制度も未熟であり、とてもおすすめできるシロモノではない。
なんだか儲かりそう、という気持ちで手を出す前に、よく考えて欲しい。


*1

FXのレバレッジ

今更ながらではあるが、FXと呼ばれる証拠金取引は、レバレッジを掛けることで少額でも大きな取引を行うことができる。
たとえばドル円でレバ10倍ならば、証拠金1万円で10万円分のドルを売買することができる。
この場合は1万円分損失が出たらそこで証拠金がなくなり終了。
実際は最低金額が決められており、もっと早い段階でロスカットとしてポジションの解消が強制的に行われることになる。

FXでは買い(ロング)だけでなく売り(ショート)も可能であり、理屈の上では、損失限定利益無限大、あるいはそれに近い形となる。
だが、相場は上がり下がりが頻繁であり、さらにFXのプレイヤーは高いレバレッジを掛けることが多いので、少しの値動きでも意図した方向とは逆の動くだけでロスカットの対象になってしまうことが多い。
さらに負けても勝っても次第に熱が上がっていく。

他にも、売りと買いのスプレッドやヘッジファンド、取引業者の思惑など、決してプレイヤーにとって有利な環境にあるとはいえない。

かなり雑な説明だが、FXをすすめるものではないので、ご容赦を。 

値動きが荒い理由

加えてビットコインには値動きの激しさがある。

基本的に現行の通貨は、現在人類の中でも非常に強力な組織である各国の政府あるいはそれに類する組織により管理されている。
総量、金利、その他さまざまな方法によりコントロールされる。

主要国の外為相場が急激に大きな値動きをすれば公の介入は免れないだろう。
相場が急激に動けば、両国の中央銀行の直接的な介入から閣僚も牽制の発言まで、安定させるための努力が行われる。

しかしビットコインにはそんな機関は存在しない。

また外為市場では輸出入の決済用をはじめとして膨大な参加者が取引していることもあり、一個人や機関の思惑だけではなかなか大きく動かすことは出来ない。
だが、ビットコインは実需が少なく、その大半が投資目的だ。
そのため多額の資金を用意できる機関により操作されてしまう可能性が高いだろう。

リスクにリスクを重ねて

ビットコインFXは値動きが通常の通貨とは比べ物にならないほど激しいものに、さらにレバレッジを掛けるのである。
FX自体ギャンブル性がかなり高いものだが、ビットコインではさらに高くなるのだ。

仮にドル円をレバ3倍程度でポジションを取った場合、一夜にしてロスカットされるという可能性は現状ほとんどないだろう。
だがビットコインではそれがじゅうぶんにあり得る。

さらに近日中にビットコイン先物が相次いで上場される予定であり、そうなればさらに値動きが激しくなる可能性もある。

Best money closer to the top.

証拠金を失うだけで済まない可能性

証拠金取引ならば、損失が増え、証拠金の残高が業者の決めた割合を下回ると強制的にロスカットされる。
そのため本来なら証拠金以上の損失は出ないことになっている。

だが、大きな値動きのときはロスカットが追いつかない時がある。

このとき証拠金を超えた追証が発生してしまう業者がある。
というより、日本では追証ありの業者の方が多いのではないだろうか。

そうなると証拠金を失うだけでなく、さらに追加で損失分の入金をしなければならない。

外為FXでもスイスフランショックをはじめとして、短時間に急激な変動が起こり、大きな損失を被った人も少なくない。
ビットコインならばこの程度の値動きもそれほどめずらしくないことを考えれば、どうなるかは想像に難くないだろう。

気になるなら現物を少額で

それでも気になる方は、せめて現物を購入するだけにしてはどうだろうか。

ビットコインは100万円を超えているが、あくまでも1ビットコインという単位である。
実際にはもっと小単位で購入が可能だ。
0.01BTCならば1万円台。
さらにもっとずっと小さな単位でも購入できる。

ビットコインではないアルトコインを購入するという手もある。

なんにしても気になるなら、現物をお小遣い程度の金額で購入しておき、あとは忘れてしまうのが一番いいのではないだろうか。
もちろんPCで保管するならウォレットのバックアップは忘れずに。

あとセミナーや勧誘に耳を貸さないようにすることも大切だ。
先日も業務停止命令が出たクローバーコインのように、とにかく山のようにこの手の詐欺が増えてくるだろう。
少しでも仮想通貨の知識があればひっかからないだろうというレベルのものだが、そんなものにも多数の人が大金を投じている現状がある。
とにもかくにも仮想通貨に限らず、よくわからないものに手を出してはいけない、という原則は守るべきだろう。

*1:※FXという言葉は外国為替(Foreign exchange)の略なので、証拠金取引でもなく、外為FXという言葉も、ましてやビットコインFXというのはさらにおかしな言葉なのだが、とりあえず通りの良い使い方で書いていきます。