oregano note

シンプルで合理的な生活

三国志を題材にした切り口の少し変わった小説・マンガ

先日、比較的人気のある時代の歴史小説やマンガでは、なにか独自性が必要ではないかと書いたのだが、さまざまな書かれ方をしているのは三国志の時代がその代表だろう。 吉川英治の小説や横山光輝のマンガのように、三国志演義そのものを構築した物語は昔から…

デゾルドルからみる馴染みのある歴史上の舞台や人物を取り上げる難しさ

ツイッター上で、単行本の売上が芳しく無く、このままでは打ち切りにと訴えて話題となった、岡児志太郎の『デゾルドル』 デゾルドル(1) (モーニングコミックス) だが、結局、2巻を持って連載終了となることが作者のツイッターで発表された。ネット上では…

『ゴールデンカムイ』を読んで考えてしまう健康上のアレやコレ

今やすっかり人気作品になってしまった野田サトルの『ゴールデンカムイ』内容自体はこれまでもさまざまな場所で多くのレビューがあるので触れないが、アイヌの少女アシリパをはじめとする食事のシーンも人気のひとつだろう。なかにはエゾリスなどの脳や肉の…

5月の半ばに美濃忠の初かつを味わう

今年に入って体調がすぐれない上に、年度末前後の仕事が重なってしまい、なかなか回復しないでいる。ただでさえ季節を感じにくい日々のなか、今年の天気の変化の激しさが余計に拍車をかけるのだが、それでも季節は巡るもので、早くも今年も5月に入ってしまっ…

2018年の電子書籍リーダーの理想と現実

先日、モノクロ電子ペーパーを使用したAndroidタブレットONYXのBOOX Noteの日本発売が発表された。10.3インチの大型ディスプレイにWacom準拠の高度な筆圧検知と傾き検知機能を持つスタイラスペンも付属する。 k-tai.watch.impress.co.jp 電子ペーパー端末で…

2018年登場が期待される Google Pixel 3 / Pixel 3 XL の製造がLGならば今度こそ日本でも発売される?

Googleが発売するPixelシリーズの次期モデル(おそらくPixel 3とPixel 3 XLの名称になる)は、レンダリング画像と言われるものや、Snapdragon846にカールツァイスのレンズカメラなど、次第に具体的なスペックの噂も出始めている。 そのうち製造に関しては昨年…

SandyBridge後に自作PCが停滞した性能以外の理由

IntelのSandyBridgeアーキテクチャのCPUが発売されたのは2011年で、もう7年前になる。すぐれた性能とともに、この後、長い間、大きな革新がCPUになかったこともあり、このCPUを最後にPCを組み立てていない人は少なくなく、SandyBridgeおじさん、なる言葉が話…