oregano note

シンプルで合理的な生活

2018年登場が期待される Google Pixel 3 / Pixel 3 XL の製造がLGならば今度こそ日本でも発売される?

Googleが発売するPixelシリーズの次期モデル(おそらくPixel 3とPixel 3 XLの名称になる)は、レンダリング画像と言われるものや、Snapdragon846にカールツァイスのレンズカメラなど、次第に具体的なスペックの噂も出始めている。 そのうち製造に関しては昨年…

SandyBridge後に自作PCが停滞した性能以外の理由

IntelのSandyBridgeアーキテクチャのCPUが発売されたのは2011年で、もう7年前になる。すぐれた性能とともに、この後、長い間、大きな革新がCPUになかったこともあり、このCPUを最後にPCを組み立てていない人は少なくなく、SandyBridgeおじさん、なる言葉が話…

複写伝票を考慮した事務用の油性ボールペンならばゼブラのジムノックかパイロットのオプト

パイロット オプト 上:スターダスト 下:カーボン いまや日本の油性ボールペンは、新油性と呼ばれる滑らかなインクが圧倒的に人気である。旧来の油性インクを使用したボールペンは各メーカーがメインに押しているシリーズはほとんどない。一般的な文具売り…

手段が目的ではなく、人によりベストの手段は異なる

マイナス面も多いとはいえ、年々、身の回りのものは進化を続けている。戦後に三種の神器とうたわれたテレビに洗濯機、冷蔵庫といった家電製品は、いまやごくありふれたものとなっている。それどころかスマートフォンの急激な進歩により、一昔前のPCを凌駕す…

書評:講談社興亡の世界史 羽田正『東インド会社とアジアの海』

歴史が苦手な人の多くには、学校での暗記科目としての印象が強いからという。縦へのつながり、つまり時間を遡るあるいは下る学問のため、用語の暗記よりも、物語的な因果関係を主軸に置くほうが理解がしやすいのだが、なにしろ他の教科もあることだし今の学…

日本は本当にキャッシュレス決済の後進国なのか

カード対現金払いについて語られる記事は、ネットでもアクセスを集めやすい。特に現金払いについてのバッシングは強い物言いもあって賛否というか炎上することもしばしばだ。 東洋経済のWebに掲載されたこの記事も、こうしたなかのひとつである。 toyokeizai…

公文書に使用可能なボールペンから重要書類の使用する筆記具を考える

近頃なにかと話題の公文書だが、ボールペンのスペックには公文書に対応しているか否かという情報がある。 これらの規格についてはJISにより油性・水性・ゲルインクの3種類に対して定められている。また海外製のボールペンについては、ISO準拠の規格もある。…