oregano note

シンプルで合理的な生活

御館の乱で武田勝頼はどう動けばよかったのか?

武田家の滅亡の要因のひとつとして、御館の乱での武田勝頼の判断があげられることが多い。元々勝頼は上杉景虎側に与していたが、景勝と和睦したことで景虎の敗北へとつながっていく。そのため景虎の実家である後北条との確執が生じ甲相同盟が破綻。後に小田…

Artisan零XSOFTのレビューとマウスパッドの洗い方

仕事用なのに、使い心地の良さからIEクローンのゲーミング用マウスを使用している話は前に書いたのだが、 www.oreganonote.com マウスパッドもゲーミング用 Artisan 零 XSOFT というマウスパットを使用している。サイズはS、厚さは4mmのもので、単泡ゴムスポ…

乱発されるスピンオフ作品に思うこと

※マイナスの話な上に、かなり主観の強い内容なので、具体的な書名は書かないことにしました。 電子書籍がメインになってからはあまりしていないのだが、以前は店頭で目についた本を買うことを定期的に行っていた。ジャケ買いではないが、いつも書評やレビュ…

QualcommのSnapdragon850がWindowsノートPCに及ぼす影響と課題

今やモバイルといえば、すっかりスマートフォンが席巻している。しかし2018年からはスマートフォンのチップを搭載したWindowsのノートPCもその一員になるかもしれない。 現在、スマートフォン用のSoCには、CPUやGPU、モデム、ISP、電力管理、果てはAIやVR/AR…

モスライスバーガーの「よくばり天 海老とかきあげ」を食べに行く

話題になっていたこともあって気になっていたモスバーガーの天丼をイメージしたライスバーガーを食べてきた。 この日は午前中に病院に行く予定があり、それが長引いたため、昼食をとって帰ることにした。最初は病院のレストランを考えていたのだが、これがあ…

三国志を題材にした切り口の少し変わった小説・マンガ

先日、比較的人気のある時代の歴史小説やマンガでは、なにか独自性が必要ではないかと書いたのだが、さまざまな書かれ方をしているのは三国志の時代がその代表だろう。 吉川英治の小説や横山光輝のマンガのように、三国志演義そのものを構築した物語は昔から…

デゾルドルからみる馴染みのある歴史上の舞台や人物を取り上げる難しさ

ツイッター上で、単行本の売上が芳しく無く、このままでは打ち切りにと訴えて話題となった、岡児志太郎の『デゾルドル』 デゾルドル(1) (モーニングコミックス) だが、結局、2巻を持って連載終了となることが作者のツイッターで発表された。ネット上では…